Wechter 【HCM-S / Pathmaker / エレアコ / 米国製】

アコースティックギター

トップスプルース、バックサイドメイプル
ダブルカッタウェイでネックも厚くなくエレキからの持ち替えも比較的容易です。

Abraham Wechterは、1970年代からカスタムギターを製作しているアメリカの弦楽器製作者であり、6弦と12弦のアコースティックギターやアコースティックベースギターの製作で知られている。弦楽器製作者であるRichard Schneiderに師事し、10年間ギターメーカーのギブソンに勤務していた。ギブソンを辞めた後、ミシガン州Paw PawでWechter Guitarsを始める。2008年にはインディアナ州Fort Wayneにショップを移転した。

Wechterは、ダブル・カッタウェイのアコースティック・ギターであるパスメーカーと名付けられたデザインのギターを多く製作している。彼のギターには、ドローン弦やスキャロップド・フィンガーボードを持つものもある。1976年、ジャズ・ギタリストのジョン・マクラフリンとコラボレーションし、マクラフリンが自身のバンド「シャクティ」で使用していた「シャクティ・ギター」を製作した。シャクティ・ギターは、ギブソンJ-200をカスタマイズしたもので、サウンドホールを横切るようにドローン弦が張られている。また、スカラップ・フィンガーボードのギターも製作した。

2013年にWechter Guitarsは閉鎖され、Abraham Wechterはショップを中国の広州に移し、ハンドメイドのカスタム・ギターを作り続けている。

Wechterに製作を依頼した著名人は以下の通りである。

  • John Denver (ジョン・デンバー)
  • Al Di Meola (アル・ディ・メオラ)
  • Jonas Hellborg
  • Steve Howe (スティーヴ・ハウ)
  • Earl Klugh (アール・クルー)
  • Johnny Hiland
  • Roman Miroshnichenko

コメント

PAGE TOP